間々田公民館祭り20190223

今年も小山市間々田公民館祭り・桑公民館祭りに参加させて頂きます。

参加者全員で観客に挨拶、会員は高校1年生から70代後半と幅広い年齢層の会員が稽古に励んでいます。

居合道の稽古は「形・剣術・試斬」

剣術

実際に剣を交えての稽古、形の稽古ではつかめない間合い・打ち込んでくる刀筋を読み対応する稽古であり、互いの気勢を養う稽古でもあります。

 

 

形は無外流開祖が剣の捌き・体の捌きが一体となるよう考案されたものでありシンプルな形となっている。

試斬

座技による試斬

 

2019年4月6日 | カテゴリー : 催し, 試斬 | 投稿者 : bandou-mugaikai.blog

NHK撮影協力をする

坂東無外会は古武道である無外流居合道を研鑽する会である。
無外流と言うとテレビの時代劇「剣客商売」で小説の中で作られた流派と思っている方も多いと思いますが、江戸時代中期(1693年)辻月旦が無外流を起こし以来330年現在十六代宗家によって継承されている。

坂東無外会は無外流の稽古を通して栃木県小山市の公民館の行事や寺社での奉納演武など地域の活動にも参加協力している。

今回NHKの平成30年12月30日に放送された「運命のクロスヒストリー徹底捜査 忠臣蔵」

日本刀で鎖帷子を斬ることが可能か検証したいので、実際に鎖帷子を斬ってみてほしいと坂東無外会に撮影の協力要請を求められた。

撮影風景

無外流の形を演じて見せる。

 

 

 

 

いざ本番

まずは日本刀の斬れ味を確認

 

鎖帷子は4cm位斬れたがほとんど無傷であった。

NHKの鎖帷子を日本刀で斬る実験は終了、赤穂浪士が討ち入った時着用してた鎖帷子は非常に有効であったことが分かった。

 

2019年1月17日 | カテゴリー : 催し, 試斬 | 投稿者 : bandou-mugaikai.blog

ままだふるさと祭り

2018.4.7ままだふるさと祭り

坂東無外会は無外流居合道の稽古を間々田の地において永く心身錬磨してきた、2017.12に初めて間々田八幡宮で奉納演武を行って以来、地元で行われた桑公民館まつり・間々田公民館まつり等地元主催の行事に参加協力させていただくようになった、今回ままだふるさと祭りに無外流居合道および併伝武道の健康合気道の演武を行わせてもらった。

併伝武道として合気道をはじめて2年現在はシニアの方が多い、合気道は投げられ受け身をとって立ち上がりの繰り返しなので技を覚える楽しさと足腰の筋肉の衰えを防ぎ三半規管を鍛え体のバランスを保つのに有効と思える無理をせずに楽しみながら稽古をしている。

道場の稽古では自分ひとり形に集中し剣を振ればよいが、多くの見学者がいると緊張感が違い形を間違うこともある、また足場も悪いなど普段の稽古とは違う経験ができる。

試斬稽古は普段の稽古の刀筋・手の内が正しくできていいるか確認するために行う、写真の斬り口は鋭い角度でみごとに斬れている、さすがは三段である。

 

 

2018年5月8日 | カテゴリー : 催し, 奉納演武 | 投稿者 : bandou-mugaikai.blog

桑・間々田公民館まつり

H 30(2018)-2-17桑公民館まつりが開催されました、我が坂東無外会も施設を利用させていただいているので昨年に続き展示・演武を行いました。

無事終了し記念写真、無事終了。

H 30(2018)-2-25間々田公民館まつり

今回初めて参加させていただきました、居合の稽古は形・剣術・試斬からなっていますが今回は時間の関係で形・剣術を行いました。

形は古来の剣術家が実践などをもとに動作を研究し、作り上げた合理的な体捌き・剣捌きに加え基本的な体力を身につけるために考案されたものである、見た目は簡単そうに見えるが鞘を払って斬る一刀は段位が上がるほど奥の深さを考えさせられる。

剣術は形の稽古同様合理性を追求した相対で行う形となっている、木刀(高段者は真剣で稽古をしたりする)で実際に打ちあう稽古で危険をともなう、剣術では相手に対する気勢・間合いを身につける稽古で、単独の形稽古ではできない実践的な稽古である。
初心者は剣が相手にあたってはいけないと外して剣を振る人がいるが、これでは稽古にならない、慣れてくると相手の動きが見えるようになり剣を体捌きでかわせるようになる。

詩吟・剣舞

 

今回吟じられたのは「九月十三夜 陣中作 読み人 上杉謙信」上杉謙信が天正二年能登を征した陣中において詠じた、吟に合わせて無外流の形を演じる風流と凛とした剣の捌きが一体となり時代の趣を感じる。

2018年3月20日 | カテゴリー : 催し | 投稿者 : bandou-mugaikai.blog

桑公民館まつりH29.2.12

平成29年2月11日・12日栃木県小山市桑市民交流センター マルベリー館で桑公民館まつりが行われました。

 

公民館 マルベリー館を利用している団体は49団体 我が坂東無外会も毎週木曜日に使用させていただいている。
マルベリー館は新しく建築した公民館のためか床の滑りが悪く稽古では足の運びが難しく未熟な私は体勢を崩すことが多い大変良い稽古場である。

今回演武に参加してくれた会員は入門から1年前後の方・わずか1カ月の親子・小学5年の女子・幼稚園年長の男子です。


真ん中の男の子と右側の年配者の年の差は70歳、体力や柔軟の差、形の上手い下手はありますが無外流の形を通じて無外流の精神を学ぶことが大事であり永く続けてくれることを望みます。

剣術であるが打太刀(攻撃側)仕太刀(反撃側)、稽古は木刀で行う、木刀を力を込めて打ちこんでくる、それを木刀あるいは体を捌いてかわす、間違えると大怪我につながる、高段者は真剣での稽古もしている。

 

 

 

形演武 すべての武道には基本の形が有ります、形をやることは基本の刀の振り、足腰の鍛錬とその武道に必要な要素をまとめたものです、形を極めることは武道の頂点を極めることです。
今回は場所と制限時間の関係から座技・立ち技併せて3本でしたが、基本の形は20本ほかに奥伝が有ります。

この後、入門から1カ月の親子3人による演武を行いました、さすがおねいちゃん形の恰好はできていました、幼い子は持つ刀が長くて抜くのに一苦労、その仕草は大人から見れば大変可愛く微笑んでしまう光景であるが、本人は思うようにいかず悔しい思いをしていたかも!!

2017年2月16日 | カテゴリー : 催し | 投稿者 : bandou-mugaikai.blog