形動画・写真

武道は礼に始まり礼に終わる、常に相手を重んじる姿勢が表れています。
武道において武道の武の字の構成は「戈(ほこ)」を「止」めるの組み合わせ、武道とは戈(ほこ)を止める道、争いを収める道なのです、まず相手を重んじるという精神の表れが礼に始まり礼に終わるということです。



帯の結び方・袴の着装は居合道の基本

稽古を始める前に袴や帯の着装がきちんとできることが基本です。
武士の帯の結びがた、袴の着装の仕方を動画掲載します。

帯の結び方
 紋付の帯の結び方 一文字結び
 略装の帯の結び方 片ばさみ
袴の装着
 袴の装着の心構え
  袴の折り目は表が五・裏二です、この折り目には意味があります、
  表の五は仁義礼智真を意味し、裏二は忠孝を意味します。
   仁: いつくしみ・思いやりの心
   義: 人道のために尽くす
   礼: 礼儀正しくあること
   智: 正しい分別・判断をする
   信: 人から信頼されること
   忠: 偽りのない、まごころのこと
   孝: 親・兄弟をたいせつにすること
  上記は確立した自己です、袴を装着くするときは、真の己・確立し
  た人格を目指す稽古だと思い袴を装着して下さい。